ページ

2009年4月15日水曜日

時生


時生 (講談社文庫)

東野圭吾の作品。
「生まれてきてよかった?」のフレーズが気になって購入してみました。
知らなかったけど、NHKでドラマをやっていたらしい。

だめな主人公が、未来からきた息子の力をかりて、更正していくお話。
人ってかわれるのか?って悩んでたから読んだのかもしれません。

内容は、ファンタジーだし、かなり現実離れしたお話だけど、後半いっきに読み切りました。
主人公の出生の秘密が明らかになったり、突然消えた恋人をさがす旅にでたり。。。


さくっと読める感じです☆